東京コミュニティスクールでは月に1度「Big Wednesday」という企画があります。これは、スタッフや場合によっては保護者が「こんなことして遊びたい!」と企画にして、子どもたちが参加できるイベントを選べるもの。

で、今回は「体育館で遊ぼう」という企画に長女が参加しました。

どんなことをやるのかはわからなかったのですが、帰ってきて紅潮した顔で、「ねぇ、お母さん、今日みら何をやってたと思う?」と尋ねてきました。

私「え〜。う〜ん、縄跳びとか?」

長女「ちがーう」

私「追いかけっこ?」

長女「ちがーう」

私「わかんない。何やったの?」

長女「バスケ!!」

私「へぇ、バスケなんてやるんだ」

長女「うん。一日中。ずっとシュートしてた」

私「???一日中?ゲームじゃなくて、シュートだけやってたの??一人で?」

長女「そう。ず〜っとやってた。5回連続で入るようになったよ。まっつん(←あ、先生です ^^;)が小学校2年生でこんなに入るなんてすごいって褒めてくれたの!!」

いやはや。。。

なんか色々驚きなんですが。

まず、一日中ひたすらシュートしてたって、、、大人でも飽きない?大変じゃない?それをずっとやってたなんて、そういうキャラだっけ?と。子どもの新しい顔を見ることができたような気がして、嬉しい驚きでした。

そして、実際の状況はわからないものの「体育館で遊ぼう」の企画で、一人でひたすらずっとシュート練習してたのを放っておいてくれるというのもTCSらしいなぁと。今の子どもたちって「今は、〇〇の時間」っていうのが多すぎて、空白の時間が本当に少ないなぁと感じているのですが、まさに余白(笑)。

さらに。

家に帰ってきたら、すぐにダンボールでゴールを作り始め・・・家でも練習し始めました。

こういう時の行動力、創造力は、自分の血を感じるよね。

「面白い」と思うことには全力。
「おもしろくない」と思うことはやらない(笑)。

結局、私に一番似ているのは長女のような気がする。


Line@で、元気の出るメッセージを配信中です❤️ 興味のある方はこちらから詳細をご覧ください。