まもなく新入社員研修の季節がやってきますね。今年は、スタッフの子供の小学校入学式と重なるため、いつもはやらない「電話応対」の入った新人研修を実施する予定です。引き継ぎ時に言われたのは「そもそも自分宛でない電話をとる、という経験自体がないので異次元レベルです」ということでした(笑)。
確かに、自分が子どもの頃は自宅宛の電話をとったり、あるいは友達のお家に電話をかけて本人に繋いでもらうということがありましたが、今の新人世代は全くそういう体験をしていない子が多い。だから、そもそも何を言ったらいいのか全くわからないし、電話を取ること自体が恐怖、というケースも。いやはや時代は変わりました。
そして、つい先日次女と話していて面白かったこと。
次女「もしもボックスってどんなの?」
私「電話ボックスみたいなやつだよ。知ってる?電話ボックス」
次女「知ってる。メガネの箱みたいな感じでしょ」
_人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
> 確かに君にとっての電話はそのサイズ <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄