3人の子育てをしていて、どの子も「実は私の子ではないのではないか?」と訝しく思う瞬間があるのですが、先日の話。
次女がお風呂の最後になったんです。年中さんですが基本的にはもう一人で洗えちゃうので最後の仕上げの時に「呼んでね」と声をかけています。
次女「ママー、仕上げして〜」
私「は〜い」
(わしゃわしゃわしゃ・・・と仕上げ洗い)
私「あ、ちょっとシャワーとってくれる?お風呂軽く流したいから」
次女「あ、さっき、洗ったよ」
私「えっ?!一体またどうして?!」
次女「えっと・・・なんかいつもママは流してるなと思って。それに砂っぽいのが残ってたから」
・・・誰にも、なにも言われてないのに、勝手にお風呂キレイにしてくれていたということにも驚いたのですが、「ママ、わたしがお風呂洗ったよ!見て見て!」みたいなところが一切ないことに衝撃を受けました。
_人人人人人人人人人_
> 5歳で陰徳かよ! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
もしかしたら我が子ではないかもしれない、と疑い始めた今日。
つくづく新入社員に欲しい人財です。