東京で子どもを育てていて、なんだかスッキリしないなぁと思うことについて書いてみようと思います。

「いい学校に入って、いい会社に入って」という路線は、昔ほど支持されなくなっています。試験に受かるような学力よりも、「その子の個性や才能を活かして、活き活き生きられるような力」を身につけさせたい、と考える親は私を含めて周りに多い。

で、小さいころ〜小学校低学年くらいまでの間は、習い事をさせたり、キャンプに行ったり、その子の体験の幅を広げるようなことをさせてあげることに力を注いでいる。

ところが、です。

「小学生らしくのびのび育てたい」「子どもの興味の芽を育ててあげたい」という思いと、「中学受験させておかないと考える力を伸ばすような良質の教育を受けさせることができない」という現実に、モヤモヤするわけです。

自分自身は受験をして入った学校が自分にあっていたし、あんな学校に子どもを入れられたらな〜とは思います。が、、、そこに入るために塾に通い、さらにその塾の上位クラスに入るための準備塾に通う、というのはものすっごく違和感があるんですよね。

じゃあ、一体どうしたらいいんだろう?
子どもにとって、どういう選択肢があるんだろう?

必ずしも、今、目の前に見えているものだけが選択肢ではない。

これからの子育ては、既存のルートを「選ぶ」のではなく、選択肢を見つけ、組み合わせ、あるいは創り出していかなければならない気がする。

→続きはこちらです「自分の経験によってのみ判断する怖さ」