今年の父の日は、子どもたちが自分のお小遣いでスーパーに買い物に行き、カップケーキの材料を買うところからスタート。レジで1円足りなかったという計算違いは起きたものの、困っている子どもを目にして後ろに並んでいたおじいちゃんが1円くれたそうです(笑)。

そして、夕食時には「パパの好きなところについてお母さんがインタビューする企画!!」をやってみました。

私「では、まずみらさん。みらさんが、パパのここが好き!っていうのはどういうところでしょうか」

長女:「パパのね、好きなところはね、まずおもちゃやお菓子を買ってくれるところ!!お母さんはダメっていうような時も、パパなら買ってくれる。あと、パパの作るクレープが美味しいところ」

これを聞いたパパの顔・・・うん、嬉しいような、嬉しくないような。

続いて次女。

私「では、りなさん。パパの好きなところはどんなところ?」

次女「え〜、わかんなーい」

エッと凍りつくパパ。

そして、その表情をとっさに読んだ次女の一言。

次女「あっ、今の、たくさんありすぎてわかんないってことだから」

いや〜、大人でもとっさに出てこない素晴らしい方便が聞けました。相変わらず5歳児とは思えない瞬発力&応用力です。

そして最後は長男!

私「イッセイさん、パパの好きなところは・・・?」

イッセイ「・・・#$%#”#$%”#」

2017年の父の日はこんな感じで暮れていきました。
来年も同じ質問をして定点観測をしたいと思います。