いや、もうタイトルの通りなんですが、子どもや教育に関する悩みは第一子の悩みだな〜と思います。例えば、うちだと7歳、5歳、3歳と3人の子どもたちがいるわけなんですが、基本的に「どうしようかなぁ」と色々考えるのは長女について。今の段階で「3歳児の悩み」というのはほぼないです。

もちろん、長女が3歳だった時には、ひらがないつからやればいいのかなぁとか、漠然と小学校どうしようかなぁとか考えていたわけです。よく聞くのは第一子の時は、必死こいて早めにひらがなをちゃんと勉強させて、かなり苦労しながら教えたよという話。で、第二子どうなるか?というと、「何も教えてないけど、なんか勝手に覚えてた。第一子の時の苦労はなんだったのか?」というパターン(笑)。

オムツとかもそうなんだけど、多分一定の条件が揃うとスルスルっとできるようになるものなんだろうなと。で、その条件が揃う前に色々手をかけて「できるようにさせる」というのは親も子どもも苦労が伴う。第二子以降っていうのは「まぁ、いつかできるようになるよね」という感じで放っておいたら、その条件が勝手に揃っていって「いつの間にかできるようになってた」ということなのかもしれません。

そう考えると第一子って親に構われすぎて大変だなぁ(笑)。