うちでは、基本的には長女はお弁当を持っていっています。で、作るのは私、お弁当箱を洗うのは長女、そしてもし前日に洗ってなければ翌日のお弁当は作らない、という仕組みにしていたのですが、先日のこと。

私「お弁当箱、洗った?」

長女「え、まだ。ていうかなんで洗わないといけないわけ?!」

私「洗ってないと、明日のお弁当の準備ができないから」

長女「めんどくさい」

私「え?ん〜。お母さんだって、お弁当作るのめんどくさいんだけど・・・まさか、めんどくさくないとおもってる??」

長女「・・・」

私「え〜、もうお弁当を作るやる気失った!!もうやめる!」

長女「・・・」

私「もし、作ってもらいたかったら、お母さんがやる気出るようにするにはどうしたらいいか考えてね!」

というわけで、お弁当のストライキに入りました。
フランス的ですな。

自分が子どもの頃は、「親がやる気をなくす」ということを考えたこともありませんでした。なので、自分の子どもには親だってやる気なくすし、悲しい気持ちにもなることだってあるし、ちゃんと一人の人間なんだよということを感じてもらいたいなと思います。

なお、お弁当ない場合は、学校で給食をオーダーできますので別に本当にお昼がなくて困るということはありません。。。

→ストライキその後、衝撃の顛末をシリーズでお届けします!続きはこちら。


Line@で、元気の出るメッセージを配信中です❤️ 興味のある方はこちらから詳細をご覧ください。