日本人とフランス人のアイデンティティをもつ子どもたち。長女とそんな話になりました。

長女「ねぇ、みらは日本人とフランス人のハーフでしょ?」

私「うん」

長女「じゃあ、もしみらが日本人の人と結婚したら、その子どもは何?」

私「クオーターって呼ぶよ。四分の1って意味」

長女「じゃあフランス人と結婚したら?」

私「う〜ん、それもクオーター?それとも3/4??」

長女「じゃあ、みらが同じフランス人と日本人のハーフの人と結婚したら?」

私「2/4だから、結局ハーフ?」

長女「じゃあ、中国人とアメリカ人のハーフと結婚したら?」

私「う〜ん」

長女「フランスと日本と中国とアメリカだから・・・”すごいハーフ”じゃない?!」

私「そうだねぇ」

長女「ていうか、なんだかピザみたいだね」

私「(笑)」

確かに、半分ずつとか、四分の一ずつトッピング違うとか、ピザじゃんって話になりました。

その後、おじいちゃんのおじいちゃんは何人だったんだろうか?とか、みらの子どもの子どもの子どもは何人になるんだろうか?とか、色々話して面白かったです。


Line@で、元気の出るメッセージを配信中です❤️ 興味のある方はこちらから詳細をご覧ください。