コロナウイルスで感じる社会の大きな流れ

コロナウイルスの影響で、本来もっとゆっくりと訪れるはずだった社会の変革が加速していくかもしれないな・・・と感じています。

もともとリモートワーク、在宅勤務、というのは少しずつ広まってきていて、特にガイアモーレでは多くのメンバーが週に1〜2度しか出社しないスタイルで働いています。

メールやチャットツールでのやりとり、zoomを使ったオンライン会議があれば、実際そこまで「毎日一緒にそばにいて働く」必要を感じずにすんでいました。また、すでに運営している「スーパー秘書」というアウトソーシングサービスでは、そもそもオンラインでのアウトソーシングのみという完全オンラインでの事業展開をしています。

なので、私たち自身にとっては、リモートで、在宅で働くことはとっても身近なものだったのですが、多くの方からは「ほぼ在宅でよく成り立つね〜」とコメントをいただくことも多かったです。

ところが。オリンピックが東京開催になると決まった段階で、リモートワークの動きが加速するだろうという話はありましたが、今回のコロナウイルスの影響で、それがぐっと早まってくるように感じています。

正直、接客など「ほんとうにその場にいなければならない」お仕事は別ですが、それ以外のお仕事であれば、一度リモートワークを体験してしまうと「戻る理由を見つけられない」可能性が高いのではないかと思います。

これからツールは発達する一方ですし、また無駄な移動はないほうが環境的に見てもよいことは間違いないので、ここから社会が一気に動いていくかもなぁと感じています。

こうした「社会の大きな流れ」というのはまず個人では変えられないことが多いです。

とするならば、その中で「リスクを回避するために自分はどうするのか?」あるいは「何をどう新しいチャンスに変えていくのか?」を常に考えていたいと思いました。

Line公式アカウントで、ブログの更新情報やメッセージを配信中です❤️
友達追加はこちらから↓
友だち追加